「鋸鎌」が、福井新聞に掲載されました

2019.2.20(水)

 

春の本格的な農期を前に「鋸鎌(のこがま)」の生産がピークを迎えます。

 

鋸鎌は鎌の刃がのこぎり状になっていて、

刃のギザギザが雑草の根に絡んで草取りがしやすい鎌です。

刃の目切りのタイミングは、とても難しく、

熟練の技がモノを言うそうです。

 

ここ、刃物の里でも

鋸鎌の目立ての実演を行っております(次回実施日未定ですが・・・)

決まり次第告知しますので、

興味のある方は、是非ご覧ください。