新春企画展「墨絵アート・越前打刃物と狛犬展」と「たたら製鉄展」

1月 7日(日)〜  2月 11日(月・祝) 

 

千代鶴神社の「石の狛犬」とは

越前打刃物の発祥は約700年前に遡ります。1337年南北朝時代に京都の刀匠千代鶴国安が刀剣作りにふさわしい土地を求めて、府中(現在の越前市)に来住し、刀剣製作のかたわら農民のための三日月鎌の製法を伝授したことが起源とされています。千代鶴神社の「石の狛犬」とは、国安が刀をつくるたびに、刀は武器であってはならない、武士の象徴として存在してほしいという願いを込めて狛犬を彫り、千代鶴の池に沈めたと伝えられています。