初打ちが福井新聞に掲載されました。2021.1.4(月)

1日未明、タケフナイフビレッジで、職人が昔ながらの技法「古式鍛錬」を再現し、刃物業の発展を祈る初打ちが行われた。

タケフナイフビレッジ協同組合の恒例行事で、今年で27回目。鉄を熱する親方役を伝統工芸士の野村和生さん、鉄を打つ小方役を田口雅人さん、今井将大朗さんが務めた。