カテゴリ:トピックス



1日未明、タケフナイフビレッジで、職人が昔ながらの技法「古式鍛錬」を再現し、刃物業の発展を祈る初打ちが行われた。 タケフナイフビレッジ協同組合の恒例行事で、今年で27回目。鉄を熱する親方役を伝統工芸士の野村和生さん、鉄を打つ小方役を田口雅人さん、今井将大朗さんが務めた。

 北岡英雄さんの8寸柳刃包丁が、第19回日本伝統工芸士会作品展で経済産業大臣賞を受賞しました。 鋼と地金を何層も重ね火造り鍛造したときに生まれる積層が見どころです。紫檀の八角柄は、材の美しさとともに握りやすくて丈夫という特徴があります。

越前打刃物製造従事者の北岡英雄さんが、50年以上にわたり越前打刃物製造業に従事し、伝統工芸士として技術の継承と後継者育成に尽力したことから、瑞宝単光章を受章しました。...

野村和生さんの新野村型牛刀が、2020年度全国伝統的工芸品公募展で入選しました。 作品は、2020年11月28日から12月7日まで、東京・六本木の国立新美術館での展示会に展示され、2020年12月18日から2021年1月7日まで、東京・青山の伝統工芸青山スクエアで行われる2020年度全国伝統的工芸品公募展 優秀作品展においても展示紹介されます。

越前打刃物刻印入り「千代鶴国安せんべい」の販売を開始いたしました。 価格は800円(税込)です。 刃物の里内で販売しております。 (一度に沢山ご注文される方は事前にお電話にてお知らせ下さい。)

今まで開催し人気を得ている、料理ライブ18回分のレシピをまとめた 「おうちdeレストラン~おいしい簡単レシピ~」を発行しました。 この小冊子は来館者へ無料配布しておりますので、ご希望の方は窓口までお申し付け下さい。 ※配布終了いたしました

福井県出身・在住の登録者数180万人超えの大人気ユーチューバー、カズさんが福井県サンドームでひとりキャンプにチャレンジ。 福井の名産品として越前打刃物を紹介しています。 是非ご覧ください(特に6分10秒あたりに注目!)
加茂詞朗さんのそば切り包丁が、第22回日本伝統工芸士会作品展で、伝統的工芸品産業振興協会賞を受賞しました。 加茂さんのそば切り包丁は刃渡り33センチで、「そばに合うシンプルな和包丁を」とデザインにこだわり、刃の部分に木目調の模様を出そうと、硬軟の鉄を交互に20層重ねた鉄材を使用しています。

女優でアーティストの「のん」さんとコラボレーションし、商品を開発することが、福井新聞に掲載されました。2020.9.2(水)
セレクトショップ大手のビームスと連携し、県内7つの伝統工芸の新商品を開発することが発表されました。 新商品には女優でアーティストの「のん」さんがデザインしたイラスト画が入ります。 来年3月から期間限定で販売します。 詳しくはFUKUI TRADのHPをご参照下さい。 http://fukuitrad.jp/

現代の名工清水正治さんによるマグロの解体ショーが行われました!! 2020年7月28日(火)
直接買い付けのマグロ(38キロ)を解体する現代の名工清水正治さん。

さらに表示する