1日未明、タケフナイフビレッジで、職人が昔ながらの技法「古式鍛錬」を再現し、刃物業の発展を祈る初打ちが行われた。タケフナイフビレッジ協同組合の恒例行事で、今年で27回目。鉄を熱する親方役を伝統工芸士の野村和生さん、鉄を打つ小方役を田口雅人さん、今井将大朗さんが務めた。

企画展「越前打刃物の紙芝居展」

 北岡英雄さんの8寸柳刃包丁が、第19回日本伝統工芸士会作品展で経済産業大臣賞を受賞しました。 鋼と地金を何層も重ね火造り鍛造したときに生まれる積層が見どころです。紫檀の八角柄は、材の美しさとともに握りやすくて丈夫という特徴があります。

火造り鍛造【講師:伝統工芸士 加藤 弘氏】  

実演 手研ぎ教室【講師:伝統工芸士 黒﨑 真氏】

イベントスケジュール 2月

実演 手研ぎ教室【講師:伝統工芸士 戸谷 治二氏】

鎌 火造り鍛造【講師:伝統工芸士 岡田 政信氏】

イベントスケジュール 1月

越前打刃物製造従事者の北岡英雄さんが、50年以上にわたり越前打刃物製造業に従事し、伝統工芸士として技術の継承と後継者育成に尽力したことから、瑞宝単光章を受章しました。...

さらに表示する